レコード・CD・データの違い

白帯レコード
・メリット
  まずはなんと言っても見た目。レコードというだけで貫禄を感じる。
  特有のアナログノイズ
  フロア向けの音質である(低音の広がりが良い)こと
  レコードを直接操作出来るダイナミックさ
  曲の音が切れる場所でも完全な無音ではないため耳疲れしにくい。
・デメリット
  荷物や収納がかさばる
  扱いが悪いと劣化する、針飛び等の原因になる
  曲の入れ替え等に時間を消費する
  レコード代等のコストパフォーマンスが悪い
白帯CD
・メリット
  音質が安定していてトラブルが起こりにくい
  レコードと比べると荷物が少なく多くの曲を準備できる
  様々な機能の付いた物が多い(LOOPやHOT CUE、etc)
  クラブ設置率も高くCDでプレイが出来ると困らない
・デメリット
  曲の途中等から即座に再生出来ない
  メーカーによって操作性や機能が違う場合がある
白帯データファイル
・メリット
  レコードやCDのように入れ替え差し替えの手間が無い
  ソフトウェア上で即座にテンポを合わせてくれる
  多種多様な機能がある為、クリエイティブなプレイが出来る
  タイムコードデジタルヴァイナルまたはCDでコントロール出来たり
  様々なDJコントローラーがある為、操作の自由度が非常に高い
  初心者でも理屈がわかればすぐに「様」になる
・デメリット
  PCトラブルが不安要素になる
  コントローラーだけだと見た目に寂しさを感じる人もいる
  メーカーやコントローラーによって操作性が変わってくる
  DJのバトンタッチ等、準備や打ち合わせが必要になる
  (ソフトウェアの違い等によってはタッチ出来ない場合も出てくる)
  形のある物でなくデータ形式の為、曲ごとの愛着が沸きにくい

[ミキサーの説明]へ進む
[サイトマップ]に戻る

トラックバック