ユーザータグ : Rekordboxの記事 (1/1)

Rekordboxのインストール手順

黒帯レコボ登録手順

今回は Rekordbox のインストール手順から登録の仕方まで解説させて頂きます
Rekordboxって何?という方はまずこちらから Rekordboxの概要
一言でいうならDJユーザー向けのインターフェースに設計された楽曲管理ソフトである

公式ページ

レコボロゴ

もちろんDJ機材を持っていない人でも利用できるので勉強や遊びにも利用できます
シングル

ダウンロードページ はこちらから

ダウンロードページに飛ぶと下図の画面が出るので
使用するコンピューター・デバイスを選択してい枠にある  Free To Downlord  をクリック
DLページ

利用規約をよく読み内容に同意したら
  Get the rekordbox  をクリックしてダウンロード開始
(ダウンロード方法やファイルの解凍方法等はPCやOS、その他デバイスごとに異なるため省略させて頂きます)
規約

ダウンロードが完了してRekordboxを起動すると
Create a new rekordbox account.」 アカウントを作ってくださいと出ます
記入を終えた際に左下のチェックボックスに規約同意のチェックが必要になります
レコボアカウント作成

 Create my account  を押してしばらくすると
先ほど入力したメールアドレス宛にメールが届きます
登録完了メール

赤い矢印のURLをクリックしてアカウント登録の完了となります
登録URL

完了後最初の起動時に登録の際、入力したメールアドレスとパスワードが必要になります
レコボログイン

登録の途中で英語でメールニュースを受け取るかどうかの選択が出るので
不要な方は「英語苦手だ!」とYES連打してしまわないように気をつけてくださいね

これでインストールから登録までの手順は終わりです

Rekordboxで音楽とDJライフを楽しんでください

Rekordbox dj への機能拡張は10月にサービスが開始される予定
早目の準備をしておきましょう

[サイトマップ]に戻る


Rekordbox概要

白帯rekordbox

Pioneer が楽曲管理とDJソフトウェアを連携させ新たなDJ用ツール
Rekordbox & Rekordbox dj」を生み出した

公式ページ

レコボロゴ

従来の楽曲管理ソフトとは違いDJに魅力的なツールが多くある

・曲の波形データを確認することが出来る
・マイタグによるプロパティ管理
・BPMやKEYといった情報も表示される
・リスト上でも波形が表示されクリックした箇所から再生できる
・Match機能でミックスに相性の良い曲などを保存できる
・プレイリストパレットにより移動先のプレイリストが判断しやすい
・メモリーキューやホットキューが色付けで設置できコメントも付けれる
・ビートグリッドの設定
・2Player機能で2曲同時に流すことが出来、テンポ同期も可能
・Sync Manager機能による他のソフトウェア・デバイスとの同期が出来る(iTunes等)

今まで別の楽曲管理ソフトを使っていた人にとって手間であった
DJ用ソフトウェアを開いてのキュー付けやBPMの読み込み、キーの確認等
実際にミックスしての相性確認等の作業等の煩わしくも感じた作業が
楽曲管理ソフトとDJソフトの統一により実現された

下図 実際に使用してみました(クリックで拡大画像)
使ってみた
DJにとってネタの仕込み等、非常に時間がかかっていたものが
楽曲管理ソフト上でのアイデアがソフトウェアに直結する
iTunesのデータをそのまま使えるので今までiTunesで操作していた人にも不便さは無い
「素晴らしい」の一言である

レコボ混ぜた
キーボードによるショートカットキーもあり
シンクやピッチベンドが操作可能な為
これだけで実際、模擬DJのようなミックスも可能でした
ミックスレコボ
折りたたみでマスターキューをデッキに設定したりビートループ、ビートジャンプ
グリッドの上下位置表示等も配置されている

Rekordbox(無料)からRekordbox djに機能を拡張するには
Plus Packで別途購入の必要がある
2015年12月 サービス開始予定 月額1,200円(税別)
2015年10月 購入15,000円(税別)

今後DVSやEffect Packが追加される予定ではあるが追加料金が発生するのかは不明
DVSに限ってはコントロールCDやコントロールヴァイナルが発売されると予測される

インストール方法はこちら
[サイトマップ]に戻る