ユーザータグ : DJ専門用語の記事 (1/1)

ビーピーエム(BPM)

ビーピーエム(BPM)とは音楽で演奏のテンポを示す単位のこと
Beats Per Minute の頭文字を取ってBPMと省略する
1分間における拍の数であり曲の速度を表している

テンポ(tempo) と同じ意味であり
場面ごとで使い分けられているわけでもない為、どちらを使っても問題は無い

慣れてくると曲を聴いてすぐに細かいBPMが判断できるようになるが
慣れないうちは秒針の付いた時計などで
10秒間の拍数×6=おおよそのBPM と考えると早い

[サイトマップ]に戻る

マッシュアップ

マッシュアップ(Mashup)とは
2つ以上の曲を混ぜて作られた楽曲のことをいう
リミックスやアレンジと違いマッシュアップの場合は
ボーカルトラックやアカペラをそのまま使うことが前提とされる
とはいえ一般的な使われ方に明確な定義は無い
その為ボーカルを崩したり組み合わせたりした楽曲でも
製作者がマッシュアップと言ってしまえばマッシュアップともいえる

バスタードポップ(bastard pop)とも呼ぶ

有名なもので P4F - Propaganda For Frankie が
Frankie Goes To Hollywood - RelaxPropaganda - P.Machinery
この2曲で作ったマッシュアップ作品でありマッシュアップの原点でもある



[サイトマップ]に戻る

ホワイトレーベル

white label (ホワイトレーベル) とは
ジャケットやラベルが何も印刷されていないレコードのこと
ラベル部分が白いためホワイトレーベルと呼ばれるようになった
・レコード会社が宣伝用に配布したものや
・ブートレグ、いわゆる海賊版等であったり
様々な理由でホワイトレーベルのレコードが存在する

ホワイトレーベル

元々、レーベルの語源はレコードの中央部に貼られた丸いラベルのことで
音楽会社が所有するCDやビデオの商標を指すようになり
この商標を管理、運営する音楽会社をも指すようになった

「ようはホワイトレーベルと呼ぶが ホワイトラベルって意味でもある」
まとめたつもりがややこしくなりました

英語だとラベルもレーベルも同じスペルで「 rabel 」なので豆知識程度に覚えておきましょう

合わせて読みたいレコードのお話
[サイトマップ]に戻る

様々なフェーダー

フェーダーとは
ミキサー等の各入力チャンネルや出力のレベルを調整するために使用する機能
デジタル上のものでもフェーダーと呼ぶ
フェーダー
図:フェーダー

・インプット(INPUT)・ゲイン(GAIN)
 入力チャンネルの音量調節をするフェーダー

・マスター(MASTER)
 出力される音量調節をするフェーダー

・チャンネルフェーダー・インプットフェーダー
 入力チャンネルの音を出力に送る音量調節をするフェーダー
 縦フェ等と略す人もいる

・その他
 ヘッドホンのモニターやブースアウト、イコライザー
 エフェクト操作用ノブ等、様々な場所にフェーダーは設置されている

形ごとの違う呼称
フェーダータイプ

① フェーダー(又はスピードフェーダー)
 一般的なミキサーはチャンネル・クロス共にスピードフェーダーが採用される
 つまみやすい形状のため素早い動作に強い
 比較的、軽いものが多いため服の袖が当たったりで移動してしまう事故も起こる
 注意が必要だ

② ロータリーフェーダー
 丸いタイプのフェーダー
 通常のフェーダータイプに比べずっしり重たく感じる為
 ロングミックスを好む人に向いているハウス向けと言われる所以
 UREIやBOZAKといったミキサーで採用されている
UREI1620.jpg

③ スライドフェーダー
 コンソール・ミキサー等(業務用の卓ミキサー)に採用されるスライドタイプのフェーダー
 指に馴染む形になっており素早い操作にはあまり向かないが音量調整がしやすい
 RODECのミキサーで採用されている
mx180ori.jpg

余談ではあるがチャンネルフェーダーやクロスフェーダーは
一番多く触る部分でもあり隙間の空間があるため
ゴミや汚れがたまり接触不良が起こりやすく、いわゆるガリと呼ばれるノイズになる
コマ目にエアブロー等でのメンテナンスや使わない時は布で覆う等、対策しましょう
ガリが出てしまった場合には接点復活剤を使えば一時的には復帰しますが
粘着しやすくなったりで二度目が起きる可能性が高いです
交換パーツが入手出来るのであれば交換と原因の対策が賢い手かもしれません

DJ TECH TOOLS Chroma Caps フェーダーノブ

価格:324円
(2015/9/3 02:24時点)



[サイトマップ]に戻る


ウーレイ(UREI1620)

ウーレイ(UREI1620)とは
UNITED RECORDING ELECTRONICS INDUSTRIES の略
1982年に発売されたDJミキサー
ハウスミュージック層のDJには伝説と称され今も愛され続けている
特徴としてはボリュームフェーダーがロータリータイプであること
デジタルのミキサーと違いアナログ特有のミキサーを通った後に出る音が
まるで溶けていくようなミックスを演出する
また透き通った高音と引き締まるのある中低音が音の暖かさを感じさせる

UREI1620.jpg

現代のミキサーとは違い操作部はボリュームフェーダーと音を左右に振るバランスのみ
その為、同様のラック式アイソレーターやレベルメーターと組み合わせて使われる



5000台の生産を経て生産終了している

[サイトマップ]に戻る
[歴代DJ MIXER一覧]へ




イーディーエム(EDM/エレクトロニックダンスミュージック)

EDM(イー・ディー・エム)とは
Electronic Dance Music(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)の頭文字から取った単語で電子的なダンス音楽の総称としてアメリカで古くかから使われてきた
昨今の意味合いとしてはトランスやエレクトロハウスやビッグルーム向けプログレッシブハウスを中心に、テクノ、トラップ、ハードスタイル、ダブステップなど様々なジャンルをEDMと呼ぶ

オルトフォン(ortofon)・コンコルド

オルトフォン(ortofon)とは
アナログサウンドにこだわった製品を取り扱うブランド
DJカートリッジが非常に有名でターンテーブルユーザーには定番アイテムである
オルトフォン(ortfon)公式サイト
Concorde Night Club MK2Concorde Gold
上画像の形状であるコンコルドシリーズが特に人気がある
細身の形状であるため視認性が高く扱いやすい
またデザインの違いだけでなく柄によってシリーズが違い
カートリッジごとに得意なジャンルが違うので自分にあったカートリッジを見つけたい

 Ortofon ( オルトフォン ) Concorde Gold
[サイトマップ]に戻る


アース線(GND)

右側 SIGNAL GND と書かれた場所がアース線接続端子箇所
アース線ページ用

一般的にはターンテーブルに最初から取り付けられており
ミキサー背面のGNDと書かれた箇所にナットを巻いて固定する
DJ機器やオーディオ機器の中にはGNDと書かれたアース線を設置する箇所があります


ターンテーブル等アース線があるものは必ず接続してください
 ノイズや漏電等、故障の原因にもなります

[サイトマップ]に戻る

DJ専門用語・辞書引き


アース線
・アールピーエム(RPM)
・アイソレーター
アカペラ
・アシッドハウス
・頭だし
・アナログ
・アレンアンドヒース(ALLEN&HEATH)
・アンビエント

イーディーエム(EDM/エレクトロニックダンスミュージック)
・イーピー(EP)
・イコライザー
・インシュレーター
・インストゥルメンタル
・インピーダンス
インプットフェーダー

・ウーファー
ウーレイ(UREI1620)

・エコー
・エスエルセンニヒャク(SL-1200)
・エスピー(SP)
・エフェクト/エフェクター
・エルピー(LP)

・オーガナイズ/オーガナイザー
・オーディオインターフェース
オルトフォン(ortofon)

・カートリッジ
・カーブ特性
・カットイン
・ガラージ
・ガリ

・キュー(CUE)

・クォーツロック
・クオンタイズ(Quantize)
・グラフィックイコライザー
クロスフェーダー

・ゲイン(GAIN)

・コード
・コルグ(KORG)
コンコルド
・コントローラー
・コンプレッション&リミッター

・サンプラー
・サンプリング

・シグナル/ノイズ比(S/N比)
・ジョグダイアル
・シンク

・スクラッチ
・ステレオ
・スピーカー
スライドフェーダー
スリップマット

・セラート(SERATO)
・センタースピンドルシャフト
・センド・リターン(SEND/RETURN)

・ソース(SOUCE)
・ソースセレクター
・ソウルフル
・ソノシート

・ターンテーブル
・ダイナミックレンジ
・ダイレクトドライブ
・ダブステップ(dubstep)

・チャンネル(CH)
・チルアウト

・ツーステップ
・ツイーター
・繋ぎ

・ディーティーエム(DTM)
・ティービースリーオースリー(TB-303)
・ディープハウス
・ディグる
・ディスコ
・テクニクス(Technics)
・テクノ
・デシベル
・デノン(DENON)
・テンポ(tempo/BPM)

・ドーナツ盤
・ドープリアル(DOPE REAL)
・ドタる
・飛び道具
・飛ぶ
・トライバル
トラクター(TRAKTOR)
・トラック
・トランス
・トルク


・2枚使い

・ヌマーク(Numark)

・ネイティブ・インストゥルメンツ(Native Instruments)

・ノイズ

・パイオニア(pioneer)
・バイナル(vinyl)
・ハウリング
バックツーバック(B2B)
・バトルブレイクス
・パラメトリックイコライザー
・バランス(balance)
・針
・針圧

・ピーク
ビーピーエム(BPM)
・ビージーエム(BGM)
・ピッチコントロール
・標準プラグ(PHONOプラグ)
・ピンジャック(RCA)

・ブース
・ブースアウト
・ブイジェー(VJ)
・フィルイン
・フィルター(ハイパス/ローパス)
・ブイユーメーター(VUメーター)
フェーダー
・フェードイン/アウト
・フォノ(PHONO)
・プッシュイン
・フライヤー
・プラッター
・フランジャー
・ブレーキ回路
・ブレイクスタート/ストップエフェクト(BRAKE)
・プレイ/ポーズ(PLAY/PAUSE)

・ベスタクス(Vestax)
・ヘッドシェル
・ヘッドホン
・ベリンガー(BEHRINGER)
・ベルトドライブ

・ホサ(HOSA)
・ホットキュー(HOT CUE)
・ボザック(BOZAK)
・補正
ホワイトレーベル

・マーキング
・マスターアウト
・マスターテンポ
・マスターボリューム
・マスタリング
・マッシュアップ

・ミキサー
・ミキシングコンソール
・ミックス
・ミニプラグ
・ミュート



・モニター
・モノラル



・ヨツウチ(四つ打ち)

・ラインイン/アウト(LINE IN/OUT)
・ラップトップ

・リバーブ
・リミックス

・ループ

・レーベル
・レーン(RANE)
・レイヴ
・レコード
・レック(REC)
・レックアウト(RECOUT)
・レベルメーター

ロータリーフェーダー
・ローファイ(Lo-Fi)
・ロデック(RODEK)

・ワウフラッター


[サイトマップ]に戻る