ユーザータグ : 画面設定の記事 (1/1)

TRAKTORレイアウトのカスタマイズ(その1)

今回はTRAKTORレイアウトのカスタマイズについて
三回の記事に分けて解説をしたいと思います

その① レイアウトカスタマイズの必要性と例
その② レイアウト関連の環境設定・解説
その③ 変更の仕方・順序

DJのエッセンシャル思考に欠かせないのが
TRAKTORのユーザーインターフェースであるレイアウトのカスタマイズ
人それぞれプレイスタイルに合わせて必要な情報が違えば不要な情報もある

そこでTRAKTORのレイアウトは複数保存しておくことが出来るので
プレイスタイルや目的に合わせたレイアウトをそれぞれ保存して
必要な状況に応じたDJが出来るようにカスタマイズしてみよう
なんでもかんでも使うかもしれないから、という理由で全て表示すると
情報量が多くなりプレイ中の集中力を妨げてしまったり
見たい表示が小さかったりと実力が半減してしまう可能性も出てくる
うまくレイアウトごとに使い分けるのが重要だ

初期状態で画面ヘッダー部にあるレイアウト選択(Layout Selection Menu)を押すと
Layout Selection Menu
デフォルトで Essential. Extended. Broeser. Mixer. の4つが出てくるのだが
File → Preferences → Layout Manager から作成したレイアウトも呼び出せる
レイアウトメニュー開く

例としてDJ研究室で使い分けしているレイアウトを紹介します
ユーザーインターフェース・カスタムの参考までにどうぞ(クリックで拡大・原寸大サイズ)
あくまで例でありインターナル使用かエクスターナル使用か、機材にもより変わってくる

・楽曲管理用レイアウト
AI STYLE
プレイ用としてではなくキューの設置やグリッドの修正やBPM修正といった編集用
DJ向けの楽曲管理専用にセッティングしたレイアウト構成

・レコーディング用レイアウト
REC MODE
グローバルセクションのパーツをクロックとオーディオレコーダーにセッティング
マスターテンポのセッティングやレコーディングスタートを押すためだけのレイアウト構成
実際にRECを押したあとはスタイルに合わせたレイアウトに変更してプレイしている

・コントローラーモード
CONTROLLER.jpg
DJコントローラーと接続した際に使用するためのレイアウト構成
バーチャルミキサーが配置されプラッター・スコープの表示は消され
コントローラーでプレイするための必要な情報のみに集約している

・バトルDJスタイルレイアウト
BATTELSTYLE.jpg
ターンテーブルを使ったDVS用のレイアウト
バトルスタイル用の為、実際プレイ中に画面を見るのは曲を切り替える時程度
ホットキューで移動させた際などのマーカー確認にデッキ表示を大きく取っている

・リミックスデッキ仕様のレイアウト(4デッキ)
リミックスデッキレイアウト
C / D デッキにRemix deckを配置したリミックスデッキ仕様のレイアウト
A / B デッキはループを多用しながらリミックスデッキを弄る
セッションでビートやベースラインを奏でるのに使用したりする
アドリブのトラックメイクを目的にレイアウトしてある



いかがでしたでしょうか
今回はレイアウトの例をあげてどういった画面に出来るのか紹介しました
次回は環境設定で実際にどこを変更するとどこが変わるのかを解説したいと思います

[サイトマップ]に戻る
[TRAKTORサイトマップ]に戻る