ユーザータグ : ヘルプの記事 (1/1)

TRAKTORレイアウトのカスタマイズ(その1)

今回はTRAKTORレイアウトのカスタマイズについて
三回の記事に分けて解説をしたいと思います

その① レイアウトカスタマイズの必要性と例
その② レイアウト関連の環境設定・解説
その③ 変更の仕方・順序

DJのエッセンシャル思考に欠かせないのが
TRAKTORのユーザーインターフェースであるレイアウトのカスタマイズ
人それぞれプレイスタイルに合わせて必要な情報が違えば不要な情報もある

そこでTRAKTORのレイアウトは複数保存しておくことが出来るので
プレイスタイルや目的に合わせたレイアウトをそれぞれ保存して
必要な状況に応じたDJが出来るようにカスタマイズしてみよう
なんでもかんでも使うかもしれないから、という理由で全て表示すると
情報量が多くなりプレイ中の集中力を妨げてしまったり
見たい表示が小さかったりと実力が半減してしまう可能性も出てくる
うまくレイアウトごとに使い分けるのが重要だ

初期状態で画面ヘッダー部にあるレイアウト選択(Layout Selection Menu)を押すと
Layout Selection Menu
デフォルトで Essential. Extended. Broeser. Mixer. の4つが出てくるのだが
File → Preferences → Layout Manager から作成したレイアウトも呼び出せる
レイアウトメニュー開く

例としてDJ研究室で使い分けしているレイアウトを紹介します
ユーザーインターフェース・カスタムの参考までにどうぞ(クリックで拡大・原寸大サイズ)
あくまで例でありインターナル使用かエクスターナル使用か、機材にもより変わってくる

・楽曲管理用レイアウト
AI STYLE
プレイ用としてではなくキューの設置やグリッドの修正やBPM修正といった編集用
DJ向けの楽曲管理専用にセッティングしたレイアウト構成

・レコーディング用レイアウト
REC MODE
グローバルセクションのパーツをクロックとオーディオレコーダーにセッティング
マスターテンポのセッティングやレコーディングスタートを押すためだけのレイアウト構成
実際にRECを押したあとはスタイルに合わせたレイアウトに変更してプレイしている

・コントローラーモード
CONTROLLER.jpg
DJコントローラーと接続した際に使用するためのレイアウト構成
バーチャルミキサーが配置されプラッター・スコープの表示は消され
コントローラーでプレイするための必要な情報のみに集約している

・バトルDJスタイルレイアウト
BATTELSTYLE.jpg
ターンテーブルを使ったDVS用のレイアウト
バトルスタイル用の為、実際プレイ中に画面を見るのは曲を切り替える時程度
ホットキューで移動させた際などのマーカー確認にデッキ表示を大きく取っている

・リミックスデッキ仕様のレイアウト(4デッキ)
リミックスデッキレイアウト
C / D デッキにRemix deckを配置したリミックスデッキ仕様のレイアウト
A / B デッキはループを多用しながらリミックスデッキを弄る
セッションでビートやベースラインを奏でるのに使用したりする
アドリブのトラックメイクを目的にレイアウトしてある



いかがでしたでしょうか
今回はレイアウトの例をあげてどういった画面に出来るのか紹介しました
次回は環境設定で実際にどこを変更するとどこが変わるのかを解説したいと思います

[サイトマップ]に戻る
[TRAKTORサイトマップ]に戻る

TRAKTORアップデートの仕方

白帯TRアップデート

まずはNI Service Centerを起動します(下図アイコン)
サービスセンターアイコン
持っていない場合はサービスセンターをダウンロード
サポート[ダウンロードページ]
NI Service Centerのカテゴリーから
使用しているパソコンのOSを選択してダウンロードしましょう

次に Service Center が開いたら
アップデートカテゴリーを選びます
有効ですと書かれているファイルがアップデート対象になります
必要なものにチェックを入れて右下のダウンロードを押します
アップデート

ダウンロード完了後に手動でインストールを開始します
インストールには時間がかかるためしばらく待ちましょう

インストール完了後は必ず再起動をしてください

(NATIVE INSTRUMENTSのアカウントを登録していて製品登録後のシリアルナンバー確認されたユーザーのみ利用できます)

[サイトマップ]に戻る


DJ向けコンピューター最適化

黒帯cぷ最適化

PCDJでのトラブルである音飛びやフリーズ、エラー
CPUへの過負荷が原因で起きている可能性があります

また、そうならない為にもコンピューターの設定を最適化する必要があります
(Windowsを基準に解説していますがOSによっては操作が違う場合があります)

 チェックボックスを設置しましたので確認に御利用下さい

 省電力の設定
コントロールパネル電源オプションプラン設定の変更
バッテリ
プレイ中にディスプレイが切れたりスリープ状態になる必要性が無い事と
スリープになる際に負荷が加わるため全て「なし」にすることを推奨します

 プロセッサの電源管理
先ほどの画面のプラン設定変更画面内から
詳細な電源設定の変更(C)プロセッサの電源管理最小のプロセッサの状態
→ バッテリ使用時: 100%
パフォーマンス電力
CPUの能力が常に100%使用されることになるのでPCの動きが常に高速になります

 USBハブの電源設定
コントロールパネルシステムデバイスマネージャー
ユニバーサルシリアルバスコントローラー(USB)
USB Root Hub電源の管理
→ 「電力の節電のために…」チェックを外します
USBroothub.jpg
放置しているとUSBポートの電源を切るという機能なので
チェックを外したからといって他の動作に不具合が出るといったことはない

 パフォーマンスオプション
コントロールパネルシステムシステムの詳細設定
パフォーマンス設定パフォーマンスオプション詳細設定
→ バックグラウンドサービス(S)側にチェックを入れます
バックグラウンド
こうすることでバックグラウンドで動作しているプログラムによる突然の負荷を回避できる
配信DJユーザーは別のプログラムも同時に動作させる必要があるため忘れずチェックを
DJソフトウェアから配信用ソフトに画面を変えた際等の負荷もかかりにくくなる

 タスクマネージャー
上記のパフォーマンスオプションに合わせて
不要なバックグラウンドのプロセスを終了させます
PCキーボード上 Ctrl + Alt +Delete を合わせて押すタスクマネージャーの起動(T)
プロセス不要なプロセスを終了する
ウイルスチェック等の一定時間置きに起動するものは終了しておきましょう

 スクリーンセーバーのオフ
コントロールパネルデスクトップのカスタマイズスクリーンセーバーの変更
→ スクリーセーバー なし に設定します
スクリーンセーバ
プレイ中にスクリーンセーバーで動物画像が流れて癒されるというのもありですが
DJに必要な情報では無いので画面が切り替わらないよう切っておきましょう
切り替わりの際に生じる負荷も無くなります

 Wi-FiやBluetooth、無線LANをオフにする
必ず無線はオフにしてください
ワイファイやブルートゥースが普及してきてから
音飛びやビートグリッドがズレる等の相談が多く寄せられます
原因の大体がこの無線接続によるものでした
お使いのパソコンによって無線接続のオン/オフ設定方法が違います
コントロールパネルシステムデバイスマネージャーネットワークアダプター
使用中のワイヤレスネットワークを無効化
オン/オフスイッチがあるパソコンやデスクトップアイコンで設置されている場合も
見当たらない場合は使用しているパソコンの製品ページで確認してください

 ハードディスクの最適化
こちらは普段のコンピューターメンテナンスとして行ってください
説明は省略させて頂きます

[サイトマップ]に戻る