ユーザータグ : ヘッドホンの記事 (1/1)

DJのヘッドホン選び

白帯ヘッドホン

 DJのヘッドホン選びについてナビゲートさせて頂きますDJ研究室AIです
ここで紹介するヘッドホンの選び方はリスニング目的ではありません
DJのモニター用としての選び方になりますので御注意ください
市販のオーディオ用ヘッドホンとは重視する点が異なります

 DJ用として売られているものは密閉型と呼ばれるものがほとんどです
オープンエアやセミオープンと呼ばれるタイプは遮音性が低いため
リスニング目的には良いですがDJには向かないので気をつけましょう


 DJ機材やオーディオ機器で使われるヘッドホン入力にはプラグ形状がステレオ標準プラグが必要となります。

 小型の[ステレオミニプラグ]と[ステレオ標準プラグ]とではサイズが違うため、購入前に必ず確認してください。
所持しているヘッドホンのプラグ形状がステレオミニプラグだった場合は「ステレオミニプラグ→ステレオ標準プラグ変換プラグ」を準備する必要があります。

 左のリンクから商品ページへ飛べるのでお持ちでない方は
普段使いとストックを用意しておきましょう。


プラグ
上から定規、変換プラグ、ステレオミニプラグ

 DJで使用するヘッドホンの形状はオーバーヘッド型と呼ばれる
頭の上に乗せるタイプのものを選ぶのがベストです
最近はあまり見かけないですがスティック型というのもあります

ヘッドホンタイプ

 音質はドンシャリと呼ばれる高音低音のメリハリがしっかりしているものを選ぶ
気をつけて欲しいのは「低音を強調してるもの」では無く
音圧が高くても低音がクリアでしっかり聴き取れるもの、ということである

 基本的にはDJ用ヘッドホンと謳われているものは条件を満たしていると思います
自分の信頼できるメーカーを選び検討しましょう
コードの長さや種類も必ずチェックするようにしてください
DJ中は動くことが多いためコードが短いと事故の原因にも
カールコードのタイプは伸縮してくれるためDJには安心設計です
うっかり引っ掛けて高級ヘッドホンを壊してしまった等もありえるため
コストの低いストック品のヘッドホンも用意しておくことをオススメします

ヘッドホンを選ぶ上での注意点
・無線式は音声信号の時差や音とび等が極僅かでもDJのミスを誘発するため非推奨
・ノイズキャンセル機能も入力のノイズに気付けない危険があるため非推奨

[サイトマップ]に戻る